トップページへ お問い合せ
アクセス 結婚準備スケジュール ブライダルQ&A 資料・イベント情報請求
ブライダルプラン 披露宴会場 挙式 衣装 料理 演出 イベント フェイスブック




ブライダル資料のご請求
結婚式や披露宴のことについて、知らないことが案外多いものです。
何時頃から準備すればいいのか?何からはじめればいいのか?
仕来り等はどうなっているのか?式場探しは?費用は?
せっかく二人で幸せになるのに、不安や心配でいっぱいになるのはイヤですよね。
このページには代表的な質問と答えを掲載していますので、どうぞ参考にしてみてください。
また結婚式や披露宴等のことで知りたいことがございましたら、「お問い合せ」より気軽にメールしてみて下さい。



Q 挙式は親族しか参加できないもの?
A そんなことはありません。大勢の友人にも参列してもらえるチャペル式は最近とても人気です。
また披露宴の招待客全員に立ち会ってもらう、宗教にとらわれない人前式というスタイルもあります。神前式は親族のみの参列が基本ですが、なかには友人の参列が可能な式場もあります。

Q 結納って、必ずしなくてはいけないもの?
A 最近は簡単にしたり、省略したりすることも多いようですね。でも、ご両親のなかには「きちんとしてもらいたい」と考える方が多いのも事実。省略するかどうかは自分たちだけで決めずにきちんと話し合って決めましょう。

Q 結納に代わる「婚約の知らせ方」はありませんか?
A キリスト式の挙式を考えているおふたりにおすすめなのが「婚約式」。ヨーロッパではよく行われているセレモニーです。挙式予定のチャペルで、ご両親やお友達に見守られながら指輪や記念品を交換します。その日からふたりは正式に婚約者として認められるのです。婚約式のポイントは、家族だけではなく友人たちにも立ち会ってもらえること。婚約式の後は楽しいパーティを催すのもいいですね。すてきな記念日になりますよ。

Q 親友に立ち会ってもらって結婚式をしたいのですが、そんなスタイルはありますか?
A 仲人さんのかわりにおふたりの親友に協力してもらう結婚式もすてきですね。欧米ではよく行われるスタイルです。結婚式に立ち会う友人たちのことを男性はアッシャー、女性はブライズメイドといいます。同世代の友人たちに囲まれての挙式は華やかで、招待客にも新鮮な印象を与えることでしょう。セレモニーの具体的な内容については、スタッフにお尋ね下さい。

Q 披露宴の司会やスナップ写真撮影を友人に頼んでもいいですか?
A 友人に適役がいて、喜んで引き受けてくれるのならもちろんOK。でも当日仕事を頼まれた人は披露宴を楽しむ余裕はなくなってしまうので、気遣いと感謝の気持ち、御礼を忘れずに。ただ、アクシデントが起こった時にはプロのようには対応できません。万一の失敗も覚悟しておいたほうがいいですね。一生残ることになる記念写真は、プロのカメラマンにお願いしましょう。




このページのトップへ
青森県弘前市 結婚式場・披露宴会場 フォルトーナ/ラグリー